2016年08月18日

ソーシャルな活動を生業にできるか

えいご村キャンプをやりました|アイデア・キッチンというコンセプトカフェを作るまで
昨年始めたえいご村キャンプの二回目を二泊三日で行いました。キャンプと言っても野外で行うわけではなく埼玉県嵐山町にある国立女性教育会館を借りての開催。 国立だけあって広大な敷地にゆったりと建てられた施設は宿泊を伴う研修にはぴったりです。 茶室や音楽室など付帯の施設もあり、今回はそれらをフルに活用して行いました。食事も美味しいです。


というような活動をやっています。

そしていよいよ本格的に動き出そうとしているのですが、問題はそれがビジネスとして成立するかどうかという極めてシビアな問題に突き当たります。

ボランティア・手弁当では大成功なのですが、これを本格的に稼働させるためにはやはりスタッフの給料が問題になり、途端にハードルがあがります。

でもその厳しく細い道を模索することが大切で、甘えず妥協しない姿勢、経営感覚を持つことがなによりだろうと思っています。

いよいよ第二段階に入ります。

手はあるはずです。

posted by ケンケン at 12:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする