2014年09月01日

9月からスタート、いきなり出版キャンペーン

実は先日、Facebookグループで本を出しました。

つながる教育、つなげる未来 (GKB48 教育カンファレンスシリーズ)

新品価格
¥1,700から
(2014/9/1 15:56時点)




もう二冊目になります。

kindle版もあります。いまのところ安いkindle版のほうが売れてます。

つながる教育、つなげる未来: 教育改革×ソーシャルの力 (GKB48 教育カンファレンスシリーズ)




第一冊目はこちらです。必死でソーシャルにプロモーションをしたおかげで電子出版としては異例の売り上げになりました。一時はkindle売り上げランキングの4位まで行きました。

これからの「教育」の話をしよう (NextPublishing)

新品価格
¥1,625から
(2014/9/1 16:00時点)




今回もプロモーションを任されているのですが、ここに来て朗報がtwitterからもたらされました。
これです↓↓
coffeeとtwitterで考える今と未来: [役に立ちTWEET発見!!] > これは奇跡の展開!twitterさんやりましたね!! http://bit.ly/1wZiDqX − Kenichi Yamashita (@blc5) September 1, 2014

上記はtwitterアナリティクスの話題。それと連動した広告はこちらでした。

coffeeとtwitterで考える今と未来: [役に立ちTWEET発見!!] > これと連動した展開ですね、twitterアナリティクスは。 http://bit.ly/W0naIz 興奮します。 − Kenichi Yamashita (@blc5) September 1, 2014

広告を出して成果を分析できます。あるいは自分のtweetの成果がその場で分析できます。
これはちょっとしたサプライズです。
続きを読む
posted by ケンケン at 16:10| シェア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

さてこれから目指すこと、ゆるやかな仲間作り

【しばらく一番上にあげておきます】ブログの方向性とコンセプト

なんとかブログのテンプレートの画像を作りはめ込みました。

ただ色合いが悪すぎですので、ちょっと考えます。

やり方はわかりました。

gifの大きさがわかればあとは色合わせです。

色合わせに関してはこの記事が参考になります。

色彩理論の基礎に学ぶ、相性抜群な「色の組み合わせ」

この記事をしっかりと読んで色彩理論にそって色を決めていきたいとおもいます。

今のひどい色合いを一応スナップショットしておきましょう、あとで比較するために。

-----
さて、なんでこんなことをしてブログを作っているかというと仲間を募っていこうと考えているのです。

一人でアフィリエイトというよりも仲間で一緒に楽しく繋がりを作りましょうということです。

ネットで買い物するときも互いに助けあえばいいし場合によってはまとめ買いで安く手に入るかもしれません。

何よりもお買い得とかお得とかの情報は口コミが一番です。

そうした有利な情報を仲間のつながりの中で作っていくとその情報が価値を生み、アクセスを集めやすくなります。

-----------
これが私の考えるシェアという精神です。

儲かろうなんて考えずに気軽にシェアしあおうと考えると結果として自分に返ってくる仕組みを作ろうと考えています。

そんなこと無理!とみんな思うのでしょうが、インターネット社会の進展、そしてIT技術の発展によって実は可能なところまできています。

あとはユーザーの意識改革次第です。

生産者やメーカーと直接つながり、どんどんクレームではなく要望を伝えるということから始まるソーシャルな関係があります。メーカーが作るユーザーグループではなく勝手にファンが作るユーザーグループ。

コストを切り詰め、品質を上げる。あるいはとことんこだわった製品を作る。

そういうことが実現できるところまできています。

一例がキックスターターなどのソーシャルファンディングですよね。

----------
みんなで知恵を出し合ってコミュニティを作る。そういうことをやってみたいのです。

次は掲示板とメールボックスを設けます。(ちょっとお待ちください)

どんどん意見をください。

一緒にやりたい方はメールをください。

必ず返事をします。

スパムはいやなのでコメント欄は閉じます。
posted by ケンケン at 00:45| シェア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

ふぁぼったーで見つけたもの 料理のレシピ本を料理中に見る方法(1)

これは使えるアイデアですね。 気に入りました。 商品化されそうではないですか。 もうあるのかな。 いずれにせよ、あるものを使えばタダです。
posted by ケンケン at 07:31| Comment(0) | シェア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする