2016年07月23日

これは面白い!WEBサイト作成が付いた不動産サービス「ねこさん不動産」

nekosan.jpg

おそらく日本で初めてのサービスだと思います。

ねこさん不動産でテナントを借りた事業者様、金額に応じてウェブサイトを最大無料でプレゼントいたします!

テナントだけではなく社宅・事業者様住居など賃貸・売買も対象になるというサービスも面白いと思います。個人でこの際ウエブサイトを持って趣味や副業をインターネットで発信してみるということもあるわけです。

​※すでにウェブサイトをお持ちの事業主様は、キャンペーンページ作成、ページリニューアルなどを選択できるそうです。

もちろんこのサービス自体が画期的だと思いますが、それ以上にテナントを借りて事業を始めるということは事業者にとって一大事業で、なかなかホームページの開設まで気も手も回りません。また個人でもいつかサイトを開設したいと思っていてもきっかけがなくて後回しになるということが多いと思います。

事業者でも個人でも引越しは住居だけでなくすべてが新しくなるきっかけでもあるのです。ちょっとしてきっかけで運勢が変わるということだってあるでしょう。

WEBサイト作成会社に頼まなくても不動産やさんと同時にリアル店舗の設計とともにサイトの設計もねこさん不動産と一緒に進められるとしたら万全です。

ねこさんドットコム|ねこさん不動産

上記からねこさん不動産のサイトに行けます。
posted by ケンケン at 16:23| シェア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーシャルメディアとしてのブログの可能性について

住友聖命さんが利用しているブログサービスはダイヤモンドブログという芸能人ブログのポータルブログサービスなのですが、いろいろと拡散のお手伝いをするにあたってどんなブログサービスか調べています。

sumitomo03.jpg
http://www.diamondblog.jp/official/seimei/
アクセスアップするにはそのブログサービスの機能をフルに使った方がいいからです。
-----------
私はさまざまなブログサービスを使ってきました。livedoor,Fc2,gooブログ,ameblo,seesaa,jugem,Tumblr,blogerなどなど10以上の無料・有料のブログサービスを2004年から12年間使ってきました。
一番最初に使ったのがドリコムブログ、その当時はMyProfileという名前でした。

発見の日々というブログ名でやっていてサラリーマンブログとして週刊SPA!にも取り上げられたことがあります。秋田の畠山鈴香事件では逐次まとめをやり、ネット探偵のようなことをやったので炎上ではなく一日2万アクセスを稼いだこともあります。窪塚洋介さんがマンションから飛んだ時、最後にネットにコメントしたものが私のブログだったので彼の消息が事務所から伝えられるまでの一か月あまりの期間ファンからアクセスが急増し、しばらく書き込みが続きました。

そんなこんないろいろ体験しましたが、途中でドリコムブログがlivedoorブログにサービス譲渡したので引越しして今も続けています。ExciteブログやYahoo!ブログは使い勝手が悪く更新ストップしてますが、ほかのブログサービスは使っています。

そんな中で消滅(サービス停止)するブログサービスも多くあります。最近ではMARUTAブログ(京都の丸太町本社)が停止するということがメールで送られてきました。経験からいうとやはり資本の小さなブログサービスはやめた方がいいです。面白い機能を持っているからとかユーザーがコアで案外アクセスが集まるとしてもサービスが停止してはそれまでの蓄積が無駄になります。

ソーシャルメディアの一つとしてブログは生き残ると思っています。個人のノートブックとしてはやはり有効です。Evernoteでもいいかもしれませんが、やはり読んでほしいという欲求があるとしたらブログがとりあえず手軽です。

さらに拡散したくなったらSNSを使えばある程度は読んでもらえます。ソーシャルメディアミックスということになります。これを駆使すれば爆発的でないにせよ、程よく拡散できます。

コンテンツとして面白ければ、そこからリツイートやシェアなどの二次拡散が始まりますので個人としてあるいはスモールビジネスとしてインターネットでパフォーマンスをあげたいと思うならブログやサイトを核として※オウンドメディアを組み立てていくことです。
(※ブログやHPサイトがアーンドメディアになります)

地道ですが確実ですし、セレンディピティ(偶然に誰かの目にとまる)にもあふれています。
私は個人としてソーシャルメディア広報の拡散力を高めることを意識してこの数年は活動してきました。かなりノウハウを蓄積できたと思っています。

息をするように書き
瞬きするように撮る
ということを学校広報の講演のたびに「広報魂」と称して必ず言っています。

ソーシャルメディアリテラシーを高めていくと6次で世界中の人にたどり着くという法則があります。
どんな映画のちょい役のオファーも断らずに出演する俳優ケヴィン・ベーコンと共演したことのある俳優をベーコン数1とし、その俳優と共演したことのある俳優をベーコン数2とするとベーコン数6で世界中の俳優が網羅されるということが言われています。

このことをもう少しカッコよく「6次のへだたり」といったりします。

だから私はfacebook疲れとかいうことを聞いても気にせず、ブログを更新し続け、facebookで毎日書きをしてきました。

そういえば住友聖命さんのベーコン数はいくつでしょう?
http://www.diamondblog.jp/official/seimei/

クリックの応援お願いします。

実は私はいまだ住友さんにあったことはありません。ただ、この人のエネルギーと才能は只者ではないと思っています。もう50歳を越えていますが、セレンディピティがそこにあります。拡散のお手伝いをしていて楽しい方です。

長くなるのでダイヤモンドブログで面白いコンテンツを見つけたのですが、その話は後程。
posted by ケンケン at 15:40| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

おしゃれな街SAPPOROで日本を明るくするエンターテインメント拠点化を考える

最近仕事以外でやっている「シェアとソーシャルなプロジェクト」で動きがあるのでブログで報告しようとこの記事を書き始めました。

札幌在住のタレント住友聖命(すみともせいめい)さんからご自分の活動を含めて情報発信のお手伝いをしてほしいとの依頼があって引き受けることにしたのです。

その時すぐに思い出したのがNHKクローズアップ現代が取り上げた吉本興業の「住みます芸人」の話。

オモロいこと はじめまっせ〜“笑いの総合商社”の新展開〜 - NHK クローズアップ現代+

タダのネタなのだろうと思っていましたが、番組をみるとどうもかなり戦略的な話のよう。

リンクしたNHKクローズアップ現代+のサイト、文字起こしですが内容はわかりますのでぜひ読んでください。

しかも「笑いで社会に貢献したい」という企業戦略を持っていることに少し感動しました。

さて住友聖命さんというマルチな才能を発揮して札幌で活躍しておられます。

私はテレビを中心とした東京と関西の全国放送に乗ることが必ずしも成功ではないと思うようになっています。

むしろ地元に密着した音楽、笑い、演劇がこれからは日本を作っていくと思っています。

東京のエンターテインメントは「消費」です。なので厳しい競争の割にはブームで終わり根付きません。すべてが経済活動と連動していますので雑誌などのメディアも動員されて盛り上げを行いますが定着はなくあくまで「競争」なのです。だからタレントも消費されていきます。

21世紀はもっと穏やかな、私の関心でいえばソーシャルなエンターテインメントがそれぞれの地域にあってもいいのではないかと思います。それが日本の文化として定着していくようなことになると思っています。

これからしばらく住友聖命さんの活躍の様子を追いながら私の考えていることの検証をしていきます。

特に札幌が日本の文化拠点としてどれくらい発信力を持っているか探っていきます。

今日はたまたま札幌のビッグバンドの活躍をfacebookを通じて知りました。

The Sappro Funk Organizationといいます。

ビッグバンドですから多くの人がかかわっています。日ごろは仕事を持ちながらメンバーとして活躍しているのです。

札幌で大人気のJazz Funk バンド---The Sapporo Funk Organization - The Sapporo Funk Organization


こういうバンドの存在が都市を元気にしていきますよね。



posted by ケンケン at 06:46| ハックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする